グルコサミン コンドロイチン 違い

グルコサミンとコンドロイチンの違い

 

関節がスムーズに動いてくれなくてつらいとき、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを摂れば効果があるとテレビやネットなどでよく耳にします。グルコサミンとコンドロイチンは関節のトラブルに効果がある成分として並んで名前を聞くことが多くのですが、その違いはいったいどこにあるのでしょうか。

 

グルコサミンはわたしたちの身体のなかにあるタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、すり減って変形した軟骨の再生を促してくれる働きがあります。骨と骨をつなぎ合わせる大切な役割をしているのが関節軟骨なのです

 

グルコサミンにはダメージを受けた軟骨を再生し新しい軟骨の形成を促進してくれるので、関節痛を和らげる効果があるのですが、甲殻類のエビやカニの殻などに豊富に含まれています。

 

一方コンドロイチンは、グルコサミンとは違ってムコ多糖類の一種です。グルコサミンのように軟骨を再生する働きは持っていませんが、大切な軟骨を分解してしまう酵素を抑える働きがあり、軟骨が消耗するのを防いでスムーズなクッション性を保ってくれる働きがあります。コンドロイチンは軟骨の成分であり、グルコサミンから合成されているのです。コンドロイチンは、サメの軟骨などから抽出されているものが多のも特徴です。

 

グルコサミンもコンドロイチンも関節の軟骨に深いかかわりをもった成分です

 

サプリメントなどで関節痛対策を行う場合には、グルコサミンとコンドロイチンの二つの成分を一緒に摂ると相乗効果が生まれて、より効果的に関節痛を和らげることができます。ですから2つの成分を同時に摂ることができるサプリメントを選ぶのもよい方法です。

 

グルコサミン&コンドロイチン

 

 

グルコサミンとコンドロイチンの違い関連ページ

グルコサミンの副作用
グルコサミンが入っている食品